2019年02月25日

洗濯機 一人暮らし

受験が終わり大学生に・・
新社会人に・・
転勤に‥

新生活が始まる方も多いと思います。

1人暮らしの新居に家電が必要となってきますが、
限られた予算の中、どの家電が必要か?

遠い昔を思い出した経験から

「冷蔵庫」
「洗濯機」

でした。


【1人暮らし向け洗濯機】

◆洗濯脱水容量

毎日洗濯をする・・4s以下
各社ラインナップが少ない

多少はまとめ洗い(2,3日毎)・・5-6s
シングルサイズの毛布も洗える

7s以上の洗濯機は
ダブルサイズの毛布も洗えるし
洗濯する量によって水量も調整できる

清音性や省エネ性に優れたモデルも多いので
予算と設置スペースが許すなら選択肢としてはあり

◆洗濯方式

「縦型」

価格は安め
洗濯機底の羽で水をかき回し
洗濯物同士をこすり合わせて洗うので汚れ落ちがよい

「ドラム型(ななめ)」

サイズと重量は大きめ
縦型よりも大幅に水量が少ない
洗濯物がからみにくいので傷みが少ない

扉の開閉が左右どちらであっても
スペースが必要なる


◆乾燥機能

「ヒートポンプ乾燥」

約65度の温風で乾燥させ
省エネで衣類の縮み痛みが少ない

「ヒーター乾燥」

ドライヤーの熱風で乾燥させるイメージ
約100度の熱風でよく乾くが、
衣類が傷みやすく、縮みやすい

どちらの乾燥方式でも

サイズが大きくなり
値段も15万円以上が多いので

干すスペースがあまりない
1人暮らしには乾燥機能は欲しいが
現実的には諦めざるおえない機能かも・・


◆その他チェックポイント

「多様なコース」
おしゃれ着コース
毛布コース
時短コース
など

「糸くずフィルター」
掃除がしやすい形状

「サイズ」
設置だけではなく
階段、玄関などの搬入通路

「排水溝の左右」
左右切り替えができるタイプがおすすめ

「給水口の高さ」
洗濯機の高さ < 給水口の高さ
であれば問題ないが

洗濯機の高さ > 給水口の高さ
であれば専用部材が必要な場合もある



1人暮らし向けの洗濯機は
どのメーカーも機能面で大差なく
国外メーカー強みの価格面も驚くほどの差はない

個人的には日本メーカーを選ぶと思います。

下記におすすめ洗濯機6社を載せました。
いずれも、
縦型
洗濯から脱水

クリックすればAmazon商品ページに移動します。

【日本メーカー】
日立「NW-50C」

東芝「AW-5G6」
長めに脱水して洗濯物を渇きやすくする「部屋干しモード」や、脱水時に洗濯物のからみを抑える機能も装備


パナソニック「NA-F50B12」
洗濯のたびに外槽の内側を洗浄し、洗剤カスの付着を抑える清潔機能も装備


シャープ「ES-GE6C」

【国外メーカー】
AQUA「AQW-GS50G」

ハイアール「JW-KD55B」



1人暮らし住居の場合
様々な制約のある中で作っているので

設置場所の写真を撮ったり
サイズを測ったから
洗濯機を購入するするほうが良いですよ。
posted by しゅん at 12:04| 生活家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする